マッキーとマッサン二人の視点から、工房や家具のこと、日々のあわを綴った勝手気ままなブログです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
キッチンをちょっとレイアウトしてみました。

片付けと棚の製作が完了したキッチン(展示室の一部)の壁等を

少しレイアウトし直してみました。

 

棚の完成直後はこんな感じです。

アフター台所

商品の木のカトラリーと和食器類を取りあえず棚に配置したのですが

まだ少し寂しい感じがしたので・・・

 

額やレコードジャケットで壁面を飾ってみました。

キッチンレイアウト1

大分落ち着いてきましたが、再考の余地はまだありそうです。

 

腰窓が東側に一つしかない暗い部屋なので、

照明を幾つか増やせれば、今よりもグッと雰囲気が良くなると思います。

 

キャビネットの製作後は照明でもを作ってみようかな。

 

見本の商品が少しづつですが出来上ってきました!

展示室の内装工事もほぼ終わったので

最近は見本の製作に日々励んでいます。

まだまだ数は少ないですが出来あがったものから

順次紹介出来ればと考えていますので宜しくお願いいたします。

 

まずはリビング等に置く細身のセンターテーブルです。

センターテーブル

天板サイズは約100cm×約42cmで

天板下には雑誌等が置ける縦格子の棚があります。

見本はあり合わせの材料で作っていますが

実際はウォルナット・Bチェリー・メープルいずれかの樹種で製作し

値段はまだ検討中なのですが、

棚有りが8〜10万円位、棚無しが6〜8万円位になる予定です。

 

次は椅子のmc−05&kc−05です。

mc&kc-05

センターテーブルと合わせて配置してみました。

 

ミンタカの椅子#05はイージーチェアー(安楽椅子)に分類される椅子です。

コンパクトで有りながら寛げる椅子をコンセプトにデザインしてみました。

ソファーの様に大きく無いので、場所も(ソファー程は)取らず

また、動かすのも容易なので、お気に入りの場所で本を読んだり、

陽の移ろいと共に移動させて座ってみたりと、様々な使い方が思い浮かび

実は使い勝手はソファーよりも良いのでは?と思っています。

 

価格もソファーよりもだいぶ安く購入できます。

詳しい値段はMINTAKA CRAFTのホームページの

chair&sofaに載っていますので宜しくお願いいたします。

 

kc-05&テーブル

 

まだ見本の数は少ないのですが

来週から展示室(shop)を開放しようと考えていますので

MINTAKA CRAFTのホームページの スケジュール表をチェックの上

御来訪して頂ければ幸いです。

 

次は小ぶりのキャビネット(ウォルナット)の製作を予定しています。

 

 

和室の壁塗り終了で、内装工事もほぼ完成!

展示室にするべく改修していた和室の壁塗りが先日終了しました。

漆喰が足りなくなった腰窓下のスペースは悩んだ末、

調色した墨色のペンキ(艶消し)で塗装しました。

 

  漆喰壁1

偶然の産物ですが、中々カッコ良く仕上がりました。

 

漆喰壁2

自分の製作した椅子ではありませんが壁際に配置して撮影。

何となく部屋の雰囲気にはレトロ調の家具の方が似合いそうですが

残念ながらミンタカにその様なテイストの商品はありませんので、

今ある商品とこれから製作するもので

カッコよくレイアウト出来ればと考えています。

 

大分出来あがってはきましたが、完成にはもう少し時間がかかりそうです。

 

 

只今改装中!

床板に張った構造用合板の色が落ち着くまで和室の改装を一旦休み、

台所の片づけ&改装を2週間ほど前から始めました。

 

台所に鎮座していた冷蔵庫と食器棚を片付け、

物置状態だった部屋をほぼ空の状態にするまでが大仕事でした。

 

ここからが本番!

頭の中にある様々なアイデアをこれから具体化していきます。

 

壁面収納を壊した際に出た棚板を再利用したいと考えていたので

まずは奥の壁面隅に数段の棚を配置してみる。

 

壁面の部分使いでは、冷蔵庫&食器棚が無くなり大きくあいた壁面を

どうも生かしきれいていないしあまりカッコ良くなかったので却下。

 

色々考えあぐねた結果、壁の端から端までジグザグの棚が延びる形態に!

 

柱と棚に切り取られた白壁の中心部分に額でも飾るとカッコ良さそうです。

アフター台所

照明も蛍光灯から電球に替えて温かな雰囲気になりました。

 

今あるものを適当に棚にのせ、テーブルと試作の椅子を配置。

物足りなさは否めませんが、台所の雰囲気は概ね良さそうです。

 

和室の床の色も落ち着いてきたので

本日、長押より下の壁に漆喰を塗りました。

 

腰窓の下スペースに塗る漆喰が無くなってしまいましたが

この部分は漆喰で仕上げずペンキでも塗ろうかと思案中です。

 

展示する商品や雰囲気作りのための小物や観葉植物などなど

準備しなければいけないものがまだまだ沢山ありますが

部屋の改装が7割ほど終わり気分は大分落ち着きました。

 

8月中旬ごろには何とか形になるのでは?と思っていますので

展示室完成まで、もうしばらくお待ち下さい。

 

 

工房内の空き部屋を展示室に改装中!

MINTAKA CRAFTの工房は、何年も空き家になっていた平屋の日本家屋です。

   工房2

 

大家さんのご厚意で、改装など好きにして良いョとの事でしたが

作業スペース以外の部屋は片付ける程度にとどまり

今まで殆ど手を入れていませんでした。

 

工房立上げ当初は日曜日だけでも自宅を店舗や展示室として開放できればと

考えていたのですが、いざ実行しようとなると、

普段生活している空間を別の用途に模様替えするのは

クリアしなくてはいけない事柄が多く、思っていたよりも困難でした。

 

自宅では常設の展示ができない等の問題もあり、

今回工房の空き部屋を展示室へと改装する決意をしました。

 

計画としては、廊下を挟み工房スペースの反対側に位置する和室と台所を繋げ

スペースを広くし、和室の壁を台所と同じ漆喰仕上げにする事。

畳の廃棄は大変なので、その上から構造用合板を敷き簡易的な床とする事。

とにかく手間はかけてもお金はかけない方向で計画を進めていきます。

 

 

   改装前の和室

現状の和室です。

玄関入ってすぐ右側の部屋なので展示スペースとしては良い配置です。

家具を見せる空間としては内装がイマイチなので、壁と床に手を入れて行きます。

 

壁は漆喰を塗るのですが市販されている壁用のモノは高価なので

屋根防水用の漆喰(25kgで1200円前後)を利用します。

既に水とスサが混合され練られているので、即塗りは可能ですが

少々堅めなので水を追加し適度な硬さに調整した方が壁塗りには良さそうです。

ただ、壁塗り用では無いので小さな骨材(石)が入っていて

コテでの薄塗りは非常に難しく注意が必要です。

 

仕上がりは骨材のおかげもあり、綺麗な漆喰の仕上げと言うよりは

粗さの残る珪藻土のコテ仕上げと言った所です。

 

 

 

   改装中の和室1

和室と台所を繋げ、少し作業の進んだ部屋。

新たに造作した棚に小物を置き、窓際に椅子を配置してみました。

 

まだまだ時間はかかりそうですが、中々良い雰囲気になりそうなので、

完成が今から楽しみです。