マッキーとマッサン二人の視点から、工房や家具のこと、日々のあわを綴った勝手気ままなブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旧中山道をゆく!

今週は体力や脚力の維持・アップのために

旧中山道から碓氷峠を越えて、

県境の熊野神社に至る往復コースへ行ってきました。

 

何度も行った事のある、歩きやすいコースですが

片道8km以上と結構距離が長く、

また、山深い場所を通るので

単独行の今回は、熊などがちょっと心配でした。

 

峠の湯 桜

某平日、晴れ。

峠の湯に車を止めさせて頂き、AM9:30頃出発!!

駐車場の満開の桜を横目にアプトの道へ向かい、

その先の旧中山道へと歩を進めていきます。

 

アプトの道から中山道

アプトの道最初の長いトンネルを抜けると左手に中山道の案内板があります。

 

旧中山道入口

案内通りにすすみ国道18号に出ると、

道向かいに旧中山道の入口が見えます。

左右確認後18号を横断し、AM9:35頃、旧中山道を登り始めました。

 

柱状節理

AM10:00頃、柱状節理のある場所に到着。

溶岩が冷却・固結する際、柱状に裂けて出来たモノの様です。

 

覗 坂本宿

AM10:05頃、坂本宿を臨める覗きに到着。

一本に延びた街道沿いが、かつての坂本宿です。

 

山道1

しばらく、気持のよい春の木漏れ日の中、杉林を進んでいきます。

 

弘法の井戸

AM10:15頃、弘法の井戸に到着。

数年前の大雪の際、井戸にかかっていた屋根がつぶれ

それ以来、屋根だったトタンが井戸に覆いかぶさり

中を見ることはできなくなってしまいました。

 

四阿

AM10:20頃、いつも小休止を取る東屋に着きましたが、

今回は一人なので休憩せず、先に進みます。

 

山道2 倒木

東屋から15分程進むと、倒木が山道に横たわっていました。

巻いたり潜ったりして、難なく通りすぎることが出来ました。

5月に行われる 安政の遠足(侍マラソン)までには

多分整備されることでしょう。

 

堀切跡

AM10:40頃、堀切を通過。

さわやかな春風が通り抜けていきます。

 

分岐 和宮道

AM11:45頃、子持山 万葉の歌碑があるところに到着。

まっすぐ進むと、皇女和宮道で左に折れると旧中山道です。

和宮道は整備されていて歩きやすいのですが、

その反面変化に乏しく、歩いていてもあまり楽しくありません。

また、距離も長いので、私は旧中山道へ入り目的地へと向かいます。

ちなみに、この二つの道は、熊野神社手前で合流するので

どちらの道を進んでもかまいません。

ただし、和宮道へ進む方は途中、霧積との分岐があるので

そちらに向かわないよう気をつけて下さい。

 

熊野神社

PM12:30頃、群馬県と長野県の境にある熊野神社に到着しました。

今シーズン2回目の山行で、

約8km以上の登りを約3時間ならば、ギリギリ及第点でしょう。

 

県境

神社から5分ほど離れた場所にある、見晴らし台広場にて。

県境が石柱で表されています。

 

遠景の妙義山

広場から遠方を臨むと、表妙義が薄っすらと見えています。

あの麓方面から来たのかと思うと、

歩いてきた実感以上の距離を感じてしまいます。

浅間山

横川で見る浅間よりだいぶ大きいです。

近いので当然なんですが……

左に見える外輪山の一部に、まだ雪が積もっているのが見えます。

融けたら早く登りたいなーなどと思いつつ、この広場で

30分程昼休憩をとりました。

 

PM1:30頃、帰りの途へ着きました。

下りだと言う事もあり、2時間ほどで出発地点へ戻ることが出来ました。

 

余談ですが、そんな帰りの道すがらに起こった出来事です。

 

広場から軽快に歩を進めて40分程過ぎた時でした。

シーンと静まりかえる森の中で、突然何かが砕けるような音が

私の背後で響き渡りました。

驚いて振り返ると、突風にあおられたと思われる大きな枯木の枝が折れ

地面へと叩きつけられていました。

熊ではなかったと少し安心し前を向こうとした、その瞬間

何かが足元を走るような気配がしました。

 

私が歩いていた所は

かつて別荘の計画がとん挫し放置された場所(個人的予想)でした。

なので、ちょっとしたインフラ(排水溝など)も崩壊しつつありますが

いまだに残されているのです。

そンなインフラの一部である排水溝の中に

なんと数匹の瓜ボウ?がいたのです。

鼻を出したり、目でこちらを警戒したりと忙しなく動く瓜ボウを激写!!

獣

何とか、鼻だけは写っていました……

親がいるかもしれないので、足早にその場を退散しました。

 

いろいろな自然に出会えた楽しい山行でしたが

もし出会った瓜ボウが熊や猪だったらと考えると

楽しいばかりが自然ではないのだと、

改めて考えさせられた山行でもありました。

 

妙義山 大の字周回コース 中級者向け

今週の水曜日に妙義山の大の字周回コースへ行ってきました。

 

何度も行っているコースですが良く考えると

紹介し忘れていたので、少し詳しく説明していきたいと思います。

 

このコースはガイドブックには中級者コースに分類されている

油断のできないルートです。

 

 

AM9:30頃、中間道登山口で登山カード記入。

中間道 登山口

ここから、妙義山神社方面へと向かうと

大の字コースの登山口があります。

妙義神社の参道を下から登ってもいいのですが

この行き方だと、市営駐車場からも近く

境内の長い階段を登らずにすむので体力の温存が出来ます。

 

大の字方面入口付近

大の字・白雲山方面登山口に在る石碑です。

 

大の字周回2

荒れ気味の急登を登りきると、しばし緩斜面の山道。

急登であがった息を整えながら、ゆっくりと歩を進めていきます。

 

大の字周回3

涸れた沢の石垣を渡った所に、大の字の案内板があります。

ここを過ぎ、杉林を抜けると大の字まではほぼ登りが続きます。

 

大の字周回4 鎖場1

大の字登山口から約20分。初の鎖場です。

ここは、脇にしっかりとした踏み跡があるので

鎖は使わずに登ります。

もちろん、鎖を使ってもかまいません。

 

大の字 鎖場2

大の字直下の二番目の鎖場です。30mくらいはあるでしょうか?

しかし、ここは鎖は長いのですが、斜面はさほど急ではなく

先程と同様、在る程度までは鎖を使わなくても登れます。

鎖は最後の5mぐらいの所で、軽く片手で掴む程度にとどめ

バランスを取りながら登り上げます。

 

 

大の字 鎖場3

鎖場を登りきると、大の字が建つ独立岩峰の裏手に出ます。

大の字登山口から約40分。とうとう到着しました!!

下から見ると、大の字はまるで山肌に張り付いているように見えますが

実際は、このように建っています。

(逆光で見にくいですが、写真上部中央より、やや左寄りに大の字あり)

5mほどの鎖場はほぼ垂直なので、先ほどまでとは違い

しっかり鎖を掴みながら、三点支持でゆっくり慎重に登っていきます。

 

大の字 裏

登りきりました!!

大の字の裏側です!! 

空の青がきれいです!!

 

大の字 白雲山

大の字がある岩峰から撮った、白雲山の稜線です。

見るからに恐ろしそうな、上級者コースです。

 

大の字で10分ほど休憩してから、

上級者コースと中級者コースの分岐でもある辻へと向かいます。

 

大の字 辻 上級者

大の字から約10分、辻へ到着しました。

太陽光で字がとんでしまっていますが、

黄色の矢印の脇には、上級者コース、危険と書いてあります。

登攀の装備のない方は、

この上にある奥の院より先には決して行ってはいけません。

 

私の考える妙義山での上級者とは、

登山経験がただ永いという意味ではなく、

ザイルなどの装備を使った岩場や崖などの

登攀技術・経験が豊富な人と認識しています。

 

妙義山においては上級者コースに限り

最低でもセルフビレイは心がけて頂きたいものです。

 

大の字 鎖場4

辻より10分ほど下ると、このコースの核心部分に到着します。

たぶん、この鎖場がこの山道を中級者コースへと押し上げている

要因であると思われます。

 

岩場の崖を15mほどトラバースしながら少しづつ登り上げます。

 

大の字 鎖場4-2

鎖場を登りきった所で振り返ってみました。

見下ろすと結構高いのです。

私が辿っているコースの逆ルートだと

ここを下らなければならなくなり、足がかりが見えにくく

難しいルートになってしまいます。

できれば、初心者の方や岩場に自信のない方は、

妙義神社からのルートをお勧めします。

 

大の字 茶屋跡

核心部分から、稜線を緩やかに20分ほど下ると、二本杉茶屋跡につきます。

 

 

大の字 中間道合流

茶屋跡から10分程下ると中間道に合流します。

 

通常だと、ここから石門方面へと行けるのですが

去年の2月にあった山道の崩落により

第二見晴らしより先が通行禁止になっていて

今現在も中間道から石門方面へは行けません。

 

しかし、第二見晴らしまでは行けるとの事なので

ひとまず、石門方面へと歩を進めていきます。

崩落現場がどうなっているのか、ずっと気にもなっていたので。

 

中間道 崩落現場

第二見晴らし近くの崩落現場です。

予想以上に激しく崩れ、山道が山肌からきれいに無くなっています。

残念ですが、中間道の全面開通まではまだまだ時間がかかりそうです。

 

少々がっかりしながら、今来た道をもどり、妙義神社の枝垂れ桜を見てから

家路につきました。

 

妙義神社 枝垂れ桜

今シーズン初めての本格的な山行で体力面で少々不安もありましたが

何とか乗り切れてよかったです。

 

 

 

 

 

日本100名山&花の100名山の2座登頂〜四阿山編〜

前回〜根子岳編〜からの続きです。

 

高木が殆ど無く笹や草花に覆われた根子岳山頂とは様相が異なる

四阿山へと延びる登山道。石もゴロゴロしてきました。

 

ふと先に目をやると、今から向かう四阿山が雲の切れ間から見え隠れしています。

これから急激に下るようだし、何だか思ったよりも山頂が遠くに感じられます。

 

遠景の四阿山

 

 

山道途中の大岩

稜線上にある大岩を巻いて進む。

 

更に進むと真下に鞍部が見えてきました。

雲が晴れ四阿山の頂きもはっきりと見えています。

遠景の四阿山2

見渡しの良い稜線歩きはホント気持ちが良いです。

日本であることを忘れてしまいそうになるような景色が広がっています。

 

鞍部より根子岳方面

根子岳から歩いてきた稜線を鞍部にて振り返った光景。

人気コースのはずです。

 

ここからは四阿山へと向かって急登をひたすら登ります。

例のごとく登ることに必死で写真を撮らずに進み・・・

 

四阿山山頂

午後12時半頃山頂に到着しました!!

北側はガスにまかれ真っ白で何もみる事ができませんでしたが

南側の景色は少し望めました。浅間山です。

山頂からの浅間山

 

午後1時頃下山開始。中四阿、小四阿と抜け菅平高原牧場に午後3時50分頃到着。

牛たちのお出迎え

沢山の牛さんがお出迎え(?)をしてくれました。

 

思っていたよりも長い時間の山行でもちろんかなり疲れたのですが

満足感もかなりのものでした。

さすが100名山。魅力的な山です。

 

 

ただ今、ひどい全身筋肉痛の中記事を書いています。

急ぎの仕事も無いので仕事休みました・・・

筋肉疲労度もさすが100名山でした・・・

鍛錬不足なだけか・・・

 

姉上仕事早番って言ってたけど大丈夫かな〜

ちょっと心配です。

 

 

日本100名山&花の100名山の2座登頂〜根子岳編〜

先日、姉上と菅平高原牧場まで行き、四阿(あずまや)山と根子(ねこ)岳の

2座を周回する登山をしてきました。

 

四阿山は群馬にある日本100名山の一つで、気にはなっていたのですが、

何となく遠く奥深い感じがしていて、少々敬遠していた山でした。

 

ただ、調べてみると私の認識不足が露呈。

もちろん玄人向けのコースもあるのでしょうが、

長野の菅平高原牧場からのコースは初心者でも安全に登れる人気コースだそうです。

また、花の100名山・根子岳も登る事ができる周回コースもあり何だか楽しそうです!!

標高も2000mを超えているので、7月でも涼しいだろうと考え

今回は「四阿山&根子岳」を登る事にしました。

山行時間は約6時間(休憩時間は除く)の予定です。

 

朝6時頃に自宅を出発し2時間ほどで目的地菅平高原牧場に到着しました。

登山口のある牧場の標高が既に高く、また、朝早い事もあり

この季節では感じる事の出来ないような涼しい風が体を通り抜けて行きます。

 

まずは牛さんが放牧されている牧場脇から延びる登山口へと足を運び

花の100名山・根子岳を目指します。

 

菅平牧場

牧場脇の登山道から。牧場事務所が段々と小さくなっていきます。

 

ウスユキソウの仲間

高山植物は詳しくありませんが、多分ウスユキソウの仲間だと思われます。

まだ、登り始めてから少しですが中々良い花に出会えました。

幸先の良いスタートです。さすが花の100名山!!

 

看板

大分登ったかなと思いきやまだ半分も登っていませんでした・・・残念!

 

若い白樺の森を抜け笹野原を縫う道をしばらく登ると根子岳山頂に到着。

根子岳山頂

残念ながらガスが部分的にかかり遠くの眺望はあまり望めませんでしたが、

それでも近くの山々は良く見えました。

時季のせいか、お花はあまり見る事ができませんでしたが、

眺望も良く季節によってはお花もある登りやすい山。

人気が有るのは当然です。

 

ここまではほぼタイムスケジュール通りです。

10分ほど休憩してから、いざ四阿山へ・・・

 

少々記事が長くなったので、パート2へとつづく

 

 

今年3度目の妙義山中間道!!

今回の登山は姉がFbに投稿した妙義登山の記事に触発されたのもあるのですが

実はここ2カ月ほど山歩きをしていないので

今の自分の体力を確かめたいとの思いもあり、計画を立てました。

 

妙義山の中間道はもう数え切れないほど歩いているので

登山口から第四石門の広場までどのくらいの時間がかかり、

どのくらいの疲労度で登れたかで、現時点での自分の体力が大体分かるのです。

 

背負う荷物はトレーニングも兼ねているので約10kg程。

妙義山ぐらいの日帰り登山にしてはかなりの重装備です。

 

 

 

10/10、朝、予報通り晴れ!! 

爽やかな秋風が頬をなでる、絶好の登山日和です!!

秋空

空を見上げると夏の雲はどこへやら。

秋の訪れを感じさせるうろこ雲が空に浮かんでいます。

 

家をAM9:30頃出発しコンビニで行動食を購入。

山の必需品

私が山を登る時の必須行動食は、

左から、ミックスナッツ、レモングミ、干し梅です。

 

何となくですが、色々経験する中でこの三つを自然と携帯するようになりました。

どれも歩きながらや立ち休憩の時に、素早く食べられるので非常に便利です。

しかも美味しいし、登山中の体にも良い効果があると感じています。

 

妙義山登山マップ

今回はこの登山マップ上の関東ふれあいの道(中間道)を通り第四石門広場まで行き、

帰りは、いったん車道に出てから一本杉コースを通ってもどる、

全行程約4時間程度の登山になります。

 

妙義山中間道の記事は今年二度目なので、

なるべく今回は、前回撮らなかった写真を載せたいと思っていますので

中間道を紹介するような記事にはならないかもしれない事を

先にお詫びしておきます。

 

前置きが長くなりましたが、登山靴を履いていざ妙義山へ!

 

AM9:50頃登山カード記入場所に到着。記入後山道に入る。

中間道から大の字へ

10分程登ると大の字の立て看板。

ここは妙義神社脇から延びる大の字周回コースとの合流地点です。

ここから大の字へと向かっても勿論良いのですが、

妙義神社へ戻るようなコースになってしまうのでおススメはしません。

 

第一見晴らし

大の字の立て看板からほどなくして、第一見晴らしに到着。

木の根っ子が大岩に絡みついた先が見晴らし台で、すごく景色が良いんですが

何度も来ているのでここはスルーして先を急ぎます。

 

この後の大黒の滝は一度紹介したので割愛。

 

歩を進めます。しばらくすると・・・、

 

第二見晴らしの看板あり!!

第二見晴らし

 

第二見晴らしも第一と同様本道からはちょっと外れた場所にあります。

第二見晴らし2

光に包まれた聖者の様な人の先は断崖絶壁です。(汗)

ここも立ち寄らず先に進みます。

 

中間地点の本読みの僧も一度紹介したので写真は割愛。

ここまでで、45分程経過していました。

前回より5分くらい速いペース。

なんか調子が良いみたいです。

 

東屋で5分程休憩し、中間道唯一の難所、長ーい鉄階段へと向かいます。

 

長い鉄階段

登り始めはこんな感じで、鉄階段の左側は・・・。

奈落の底

ウギャ!! 奈落の底です。

ここは細尾根上に取り付けられた鉄階段ですが

頑丈でしっかりしているので安全に登れ、

左側さえ見なければ大した高度感を感じることも無く通過できます。

 

AM11:50頃、第四石門の広場に到着!!

約2時間で登りの行程はほぼ終わりです。

やっぱり調子が良い。

今までで一番速いペースで登ることが出来ました。

日暮の景

この写真は上毛かるたの取り札

「紅葉に映える妙義山」の絵にもなった景色として有名です(群馬県民限定)。

 

ここの景色、紅葉の時がまた格別なんですよー。

 

広場で昼食を食べ終え、出発の準備をしていると、一人の少年が

「大砲岩に人がいる!!」と言っていたので、思わずパシリ!

 

勇者現る

近くまでは行ったことあるけど、

大砲岩に続く岩が平均台みたいに細く、しかも両サイドが斬れ落ちてるので

正直私には無理でした。

 

今日は休日という事もあり、登山者がいつもより多く

石門の逆巡りは他の方への迷惑になるので、近道で車道に出ることにしました。

 

車道から一本杉のコースへと入ると、色々なキノコが生えていたので

後で調べるために写真に収めました。

(後日キノコ特集として公開するかもしれません。)

 

妙義山上級者コース

一本杉コースを終え車道へ。見上げると荒々しい妙義山の稜線が見えました。

上級者コースはこの稜線上を通ったり、巻いたりしながら進む

見るからに恐ろしいコースです。

 

振り向くと妙義山の近くをパラグライダーが飛んでいました。

 

自分では怖くて行けない場所にも平気で行けちゃう人がいる。

そんな人たちが見る景色っていったいどんなものなのか。

 

多分恐怖を凌駕するような絶景なんだろーな。

 

なーんて想像しながら、歩を進め、

例のごとく道の駅でソフトクリーム食べて家路につきました。

 

PM1:30頃自宅に到着。

やはりいつもより早い。

気分が良い!!

近いうちに今度は浅間山系に行くぞー!!

と、この時点では意気込んでいるのだが、

 

後日襲ってくるであろう筋肉痛が

40過ぎのオジサン登山愛好者を現実へと引き戻すのである。

 

近いうちは無理かな・・・。